頭金なしで購入

厚木の分譲住宅を頭金なしで購入すべきか

厚木市は、神奈川県では横浜市や川崎市に続く規模の都市です。東京都心へのアクセスも良く、横浜へも車で気軽に行くことができる位置にあることから、厚木市にマイホームを持ちたいと思っている人も多いようです。
最近では、厚木市の分譲住宅でも頭金なしで購入することが可能であるというような物件なども販売されているようですから、賃貸のマンションやアパートに住んでいる人にとっては、毎月、家賃を払い続けるのなら、持家の方が良いのではないか、と思って、こういった分譲住宅の購入を検討している人もいることでしょう。

厚木市は、駅周辺には商業施設も充実しており、教育機関もしっかり整っていることから、厚木市で子育てをしたり、老後を過ごすのも良い選択といえそうです。ですから、分譲住宅が頭金なしで手軽に購入することが可能なのであれば、マイホームを持って、落ち着きたいと願うのも、もっともなことでしょう。

しかし、賃貸の住宅と異なり、マイホームというのは、購入してしまえば、それでお金がかからない、というものではありません。賃貸している人にとっては、マイホームは家賃がかからないのだから、楽だと考えてしまいがちですが、その考えには注意が必要なのです。マイホームを購入したら、固定資産税も支払う義務が生じますし、家というのは、しだいに劣化していくものですから、10年もすれば、屋根や外壁の補修なども必要になってくるはずです。その他にも、風呂釜の交換や庭、塀などにも費用がかかるものですから、マイホームの維持費というものは、予想以上に必要になってきます。

もし、分譲住宅を、頭金なしで購入したとしても、家の価格が安くなるわけではありません。購入する時点での出費は、たしかに少ないかもしれませんが、支払総額も大きくなってしまいますから、頭金なしで家を購入しようと思う際には、その後の生活にかかる費用なども含めて、しっかりと把握しておくことが重要です。
現時点では、夫婦が共働きをしているために、頭金なしで分譲住宅を購入したとしても、毎月の支払には問題がないというような場合でも、将来、妻が妊娠して、仕事を辞めるようなことになれば、収入にも変化が生じてきます。家というのは、長い間住むものですし、支払いも何十年も続くものですから、その間には、生活スタイルも変化するものです。そういった変化に対応できるように、家を購入する際には、十分に検討することが大切です。”