詰まりの前兆となる異音

トイレ詰まりの前兆となる異音について

トイレを利用した後は必ず水洗を利用して異物を流します。
この時、異音がする事が有るのです。
水を流して、全ての水が流れ終わると同時に、便器の奥の方から「ボコボコ、ボコボコボコ」と言った異音が発生するのはトイレ詰まりの前兆でもあるのです。
また、トイレ詰まりは水の流れが悪くなる症状が進むと、水が流れなくなる症状になるのが特徴です。

水の流れが無くなれば、トイレを使うことが出来なくなります。
一戸建て住宅などの場合は、1階と2階にトイレが有るので、1つのトイレが使えなくなっても修理をする前の間は、トイレ詰まりが起きていないトイレを利用することが出来るので、慌てる必要は有りませんが、マンションの住宅に住んでいる人や、1階にしかトイレが無い場合などではトイレを利用出来なくなります。

便器の水が流れない状態で水を流すことで便器から水は溢れて来ますので、床に異物が流れてする事になるので不衛生な状態になりますし、階下への水漏れも起きることになるので水を流す事は出来ませんし、トイレも利用出来ないなどの不住な生活を強いられることになるわけです。

しかし、トイレと言うのは生活の中では欠かせない設備であり、トイレを我慢する事は出来ません。
便器からの異音と言うのは、トイレ詰まりの前兆と考え、早目の対処が必要になるのです。

完全に水が流れないトイレ詰まりが起きる時には、異音や水の流れが悪くなるなどの症状が起きるので、この時点で専門業者に依頼をして水の流れを良くしたり、異音が出ないように修理をして貰う事も出来ます。
しかし、専門業者に依頼をする前にラバーカップを使ってみるというのもお勧めなのです。

ラバーカップはスッポンなどとも呼ばれている詰まりを解消してくれる道具で、ホームセンターなどに行くとゴム部分が大きな物や小さな物、柄の長さが長い物や短い物など色々なサイズのものが置いてありますので、自宅の便器のサイズに合わせて選ぶ事がポイントです。
簡単に取り扱えるトイレ詰まりの解消グッズですので、備えておけば詰りが起きても安心です。

ラバーカップは水圧を利用して、排水管内部などに生じている詰まりを取り除く効果を期待出来ます。
何度が水圧を与えていくうちに、流れが悪くなっていた状態が、ボコボコと言った音とともに水が流れて行く事もありますが、ラバーカップを利用してもトイレ詰まりの前兆や詰りの解消が出来ない時は専門業者に依頼をして修理をして貰えば良いのです。”