原因となる猫の砂やフン

トイレつまりの原因となる猫の砂やフン

人が生活の中で毎日のように使用する場所と言えば、トイレですが、その時に気を付けたいことと言えば、トイレつまりを起こさないことです。普通に使用していれば、つまることはありませんが、この普通というのが人によって異なるものなので、注意する必要があります。

例えば、人よりもトイレットペーパーを多く使う人は、排せつ物と共に一度に大量のトイレットペーパーを流すことで、トイレつまりが起こりやすくなります。その人にとっては普通の行為であっても、そのトイレにとっては普通の量ではないため、つまってしまうわけです。

なお、被害が重度の時は、ラバーカップでいくら一生懸命吸い上げようとしても、一向につまりが解消されないことがあります。そうなってくると、次にトイレを使用したい時に困りますし、家族の誰かが使用する時にも困ってしまいます。業者を呼ぶにしても少なからず時間がかかりますし、お金もかかりますから、トイレつまりを起こさないようにする、といったことが一番です。

なお、トイレつまりが起こる原因は、一度に大量の物を流した時だけではありません。他にも、こういったことでトイレつまりが起きやすい、といったことを把握しておくと、防ぐことができますから、色々と知っておくと言うことはとても大切なことです。

例えば、猫を飼っている人は要注意です。猫がフンをして、それをトイレットペーパーでつかんで、便器に入れて流すと、あっという間に詰まってしまうことがあります。これは、大量に入れなくてもです。こういったつまりやすい物というのもありますので、覚えておくと良いでしょう。
なお、基本的にトイレの便器と言うのは、余計な物を流してはいけません。よく、備え付けの紙以外の物は流さないでください、といった注意書きをしているトイレがありますが、余計な物を流すのはトラブルの元です。

猫の話で言うと、猫の砂があります。猫の砂というのは猫のフンに付着しがちで、取るのが面倒だからとそのままにして便器に入れて流してしまうとトイレつまりが起こりやすくなります。猫のフンとトイレットペーパーだけでもつまりやすいのに、猫の砂という余計な物まで一緒に流してしまうのは良いことではありません。

トイレは正しい取り扱い方をしないと、トイレつまりのトラブルの発生だけでなく、トイレの外にあふれ出てしまったり、トイレの故障にもつながる恐れがありますので、十分注意が必要です。”